« 届かない年賀状 | トップページ | ポストウォーター »

アウトランの思い出

The horse race for the gamer of the 80s(旧:東京競馬場40番柱):昔のアーケードゲーム(20)

プロフィールの写真が、かの名作「ビデオゲームミュージック」のジャケットというところがセンスいいですね。(^^)
アウトランの記事を読んで、ふとアウトラン2のサントラ発売日が今週だったことを思い出しました。
他のことで頭がいっぱいで忘れていました(笑)近いうちに買ってこなくては・・・。

ちなみにあずき自身のアウトランの思い出は、中学生のときまでさかのぼります。(逆算すると歳がバレますね^^;;;)
あずきの通っている中学はゲームセンターが禁止されており、それでもゲームやりたさに友達と放課後はよくゲーセンに行ったものです。
アウトランが出た当時は結構衝撃的でしたね、ハングオンやスペハリに続いてセガの大型筐体全盛期という感じでした。
当時はあまりゲームに使えるお金もなく、プレイ回数も少なかったため3面くらいまでしか進めませんでしたが、それでもカッコイイ曲ときれいな風景をバックにドライブする楽しさはありましたね。
それまで大のナムコファンで、ナムコのレコードは持っていましたが初めてセガのレコードを手にするきっかけとなったのがこのアウトランでした。
BGMの3曲とも甲乙つけがたいイイ曲でしたし、ゲームオーバー時に流れるLAST WAVEもなんか哀愁が漂うメロディで好きでした。

最近アウトラン2がゲーセンに出ましたが、ちゃんとアウトランの3曲もアレンジされてBGMで選曲できるので、つい新曲よりも旧曲でプレイしてしまいます。(笑)
ゲーム自体も変に今風にアレンジされていない点が好感もてますね、アウトランの基本コンセプトであるキレイな風景とテンポの良いゲーム展開を気軽に楽しむという点が継承されているので、初心者にもオススメできます。
あずき自身バトルギア3というドライブゲームも好きでかなりハマったクチですが、「最近のドライブゲーはリアルさを追求するものばかりで、爽快感に欠ける」と思っているゲーマーもいると思いますので、そういう人はぜひプレイしてみて下さい。
なお、コースの難易度もわかりやすくなっており、面の区切りの分岐点をどんどん左にいくと簡単なコースで、逆にどんどん右に進み続けると難しいコースになります。

それにしてもあの頃一緒にアウトランやってたゲーセン仲間はどうしてるかなぁ・・・。
いまだにゲーセン行ってるのはあずきくらいだと思います。(笑)

« 届かない年賀状 | トップページ | ポストウォーター »

コメント

あずきさん、はじめまして。
トラックバックに反応してやってきました。

プロフィールの写真ですが、最初はゼビウスのスクリーンショットを使っていましたが、「そういえばゼビウスの音源使ったれこーどがあったなぁ」と思い出し、変えてみました。その頃はゲームミュージックなんてジャンルはなかったですね。細野氏の先見性はすごいですね。

アウトランの頃、私も中学生でした。でも、アウトランは自分でプレーするよりも他人のプレーを見ているほうが多かったですね。まぁ、アウトランに限らず有名なゲームは人だかりができますしね。自分のヘタクソなプレーをさらすほどの勇気は持ち合わせていませんでした。で、結局は旧作でゲームセンターの片隅に追いやられて100円から50円にディスカウントされたゲームをやっていることが多かったです。

アウトランはこれまでのレーシングゲーとは明らかに一線を画していましたね。ホントあずきさんのおっしゃられるように軽快なBGMがいまでも印象深いです。

あの頃のナムコゲームは「パックマン」「ゼビウス」の成功で常に注目の的でしたね。個人的には「ギャプラス」「ドラゴンバスター」「パックランド」に集中投資しました。また今で言う「ゲーム同人誌」なる自費出版のゲーム攻略本が出始めた頃で、「ドルアーガの塔」の宝物出現方法なんかは、今でも徳島の実家の本棚にあると思います。

最近のゲームにはついていけてません。すごい難しそうですしね。でもアウトラン2はあずきさんのお話からも楽しくプレーできそうですね。今度見かけたらやってみたいと思います。

ザッキーさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。(^^)
ザッキーさんもだいたい同じ世代だったんですね。
確かにあずきもあの頃は、少ないお小遣いの中でゲームに投じるお金って限られてましたので、人のプレイを見ることが多かったです。
必死に人のプレイを見てパターンとか覚えたりして、なんとか少ないプレイ回数を補おうとしてました。(笑)

やはりあの時代はナムコ全盛期とも言えますので、ナムコが少年の心をときめかせていましたよね。(^^)
私も「パックランド」「ギャプラス」あたりはけっこうプレイしました。(でも、今となっては消火栓を押す位置は忘れてしまいました。(笑))

確かに今と違って情報は入りづらかったので、ゲームの情報は人づたいに聞くか、マイコンBASICマガジンの付録とかが頼りでしたね。
アウトラン2も画面は今風ですが、雰囲気はアウトランしてますので、機会がありましたらプレイしてみて下さい。(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13884/128521

この記事へのトラックバック一覧です: アウトランの思い出:

» Thank you for the "OutRunners". [戦略的撤退blog版]
奇跡の市民: アウトランの思い出 閉鎖したフリしてひっそり公開: Outrun2 Un observatoire: OutRun2 The horse race... [続きを読む]

« 届かない年賀状 | トップページ | ポストウォーター »

フォト
2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

AZUKI Friends blog & site

AZUKI Favorite blog

  • LittleDocument

    現在、beatmaniaIIDXダブル中心にいろいろ音ゲーやるのが趣味だったりします(笑)。 音ゲーな話や日常的な事中心に、いろいろ思った事綴っていこうと思ってます♪
無料ブログはココログ

  • .
  • Neowing
  • .

  • since January 1, 2004